外壁塗装は家を守るためだけでなく色を楽しんで新鮮な気持ちにもなる

黄色い家

外壁塗装のサンプルの色は若干薄く見えます

外壁塗装を行う目的の1つは、客観的な見栄えを改善させる為です。住宅の印象というのは、往々にして色によって判断される傾向があります。その色を改善させる為に、外壁塗装工事を行うケースが多い訳です。
ところで色を検討するとなると、塗装業者からサンプルが提供されるケースが殆どです。サンプルは、もちろん色を選ぶ上では非常に重要ですね。しかしサンプルだけで判断しない方が良いとも言えます。なぜならサンプルの場合は、色の濃さなどが少々異なるケースも多いからです。そもそもサンプルというのは、業者から提示される面積がかなり小さいですね。大抵は数センチ四方のサンプルが提示される事になり、広い面積ではありません。ところで実際に塗料を塗るのは、かなり広い面積になります。少なくとも住宅の壁全体にそれを塗るとなると、相当な面積になる事だけは確実です。そして面積が広い箇所に対してそれを塗った時には、色合いは薄く見える傾向があります。サンプル提示時には色が薄く見えたにもかかわらず、実際にそれを塗ってみると薄くなる事も多い訳です。
つまり外壁塗装業者から提示されるサンプルは、実際には少々色合いが薄めになると考えて良いでしょう。サンプルだけで判断するのではなく、外壁塗装業者のシミュレーションなども併用して、実際の正確な色合いを確認しておくのが無難と言えます。